くろめヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー違い

くろめヘアカラーと利尻ヘアカラートリートメントの違いって?

くろめヘアカラーと利尻ヘアカラートリートメント

昆布を使った白髪染めトリートメントといえば利尻ヘアカラートリートメントが有名ですが、どちらも高級な昆布を使っているという点では同じです。

 

では、くろめヘアカラーと利尻ヘアカラートリートメントにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

大きな違いとして挙げられるのが、くろめヘアカラーには「ジラウロイルグルタミン酸Na」という成分が含まれているということです。

 

利尻ヘアカラートリートメントは、くろめヘアカラーと同じように美髪効果が期待できるとされていますが、染まりにくいというデメリットがあります。

 

くろめヘアカラーなら、ジラウロイルグルタミン酸Naが髪をトリートメントしながらしっかり色付けしてくれますので、利尻ヘアカラートリートメントと比べて短期間で白髪が染まるのを実感いただけるでしょう。

 

また、利尻ヘアカラートリートメントには、色抜しやすいというデメリットがあります。

 

これは紫外線に髪がさらされるためだと考えられていますが、せっかく染めた髪が白髪に戻ってしまうと、やはり残念な気持ちになってしまうでしょう。

 

くろめヘアカラーの原材料に用いられているくろめには、「フロロタンニン」という成分が含まれています。

 

このフロロタンニンには、紫外線から髪を守る働きがありますので、利尻ヘアカラートリートメントと比較して色持ちの良さを実現しているのです。

 

総括すると、髪や頭皮にやさしい、トリートメント効果が期待できるという点においてはどちらも同じですが、色づき・色持ちの良さという点で見るとくろめヘアカラーに軍配が上がるでしょう。

 

くろめヘアカラー